<有毒植物の誤食で、厚労省が注意呼びかけ>

厚労省は、「有毒植物の誤食による食中毒注意報」を、全県に発令しました。(2016年5月7日)

<主な内容>
「身近な有毒成分を含む植物として、スイセン、スズラン、フクジュソウ、レンゲツツジ、アジサイなどを食べないように指摘。山野での山菜採取にも注意し、専門家の指導で鑑別法をすること」

 

<ハーブとスパイスの違いを正しく理解しましょう>
毎年のようにおこるハーブの食中毒事件が起こっています。今年も「スイセン」を「ニラ」と間違えて食べて食中毒、ノビルのつもりが「スイセン」の球根部を食べて、児童が食中毒、毒草「イヌサフラン」を「ギョウジャニンニク」と間違えて、食べて死亡。などの事件が起こっています。 これら「スイセン」、「イヌサフラン」などは、毒草ですが、すべてハーブとして利用されているのです。

<スパイスは、100%食べられるが、ハーブの多くは食べられません>
日本人の多くは、ハーブは食べられると思っている方が多いですが、「トリカブト」「スズラン」「桔梗」などは有毒成分を持つハーブで、食べられません。
スパイスは食品の分類用語ですので、100%食べられます。しかしハーブは、ヨーロッパ発祥の伝承医療上の用語で、「薬草」と訳されます。例え有毒であっても毒草もクスリなのです。そのため100%食べられる必要はないのです。

「ニラ」、「ギョウジャニンニク」などは、ハーブですが、スパイスの仲間です。
●ギョウジャニンニク⇒スパイスであり、ハーブでもある
●イヌサフラン・スズラン・トリカブト⇒スパイスではなく、ハーブである となります。

 

また、新聞記事のニュースのタイトルを、変えますと、
●ハーブを食べて食中毒
●薬草をスパイスと間違えて食べて、死亡
などとなります。

⇒イヌサフランの薬理効果
 生薬名:コルヒクム
 薬 効:含有するコルヒチンは、痛風薬として薬機法に認可されている
⇒スイセンの薬理効果
 生薬名:水仙根(スイセンコン)
 薬 効:吐剤(吐かせる薬)として配合

単にイメージで「ハーブ」は、食べられる、良い香りがすると決めつけるのではなく、薬草として正しく理解して活用しましょう。
「スパイスを使った料理」は、食べられるけれど 「ハーブを使った料理」は食べられるとは限らないのです

<自称:スパイスコーディネーターにご注意!>

最近、自称スパイスコーディネーターと肩書を付けて活動している方がいるため、協会に資格保有者についてのお問い合わせが多くなっています。
スパイスコーディネーターは、スパイスコーディネーター協会(略してSCA)が認定する資格で、商標登録されています。そのため、他の機関では認定証を発行することはできません。

肩書として「スパイスコーディネーター」として資格を明記している方は、
スパイスコーディネーター協会(もしくはSCA認定):

      • スパイスコーディネーター
      • スパイスコーディネーター マスター
      • スパイスクッキングアドバイザー

などの、当協会で認定された方だけとなります。それ以外は当協会と関係ありませんのでご注意ください。
また、資格の保有者についてのご確認は、協会事務局へ電話ではなくe-mail spice-studio@spa.nifty.comにてお願いします。

スパイスに関心がある方はどうぞ!

スパイスに興味がある方、スパイスを楽しみたい方、スパイスを単なるイメージではなく、系統だって勉強したい方に、スパイスの正しい知識を得たい方、スパイスの活用法を勉強して仕事に役立てたい方、スパイスを活用した商品開発をしたい方、スパイスの販促活動の面で、アドバイスや提案をしたい方スパイス関連商品を販売したい方、スパイスの会社に勤めてスパイスのプロになりたい方など、どなたでも気楽に受講できます。

最近、スパイスコーディネーター協会へ危険ドラッグや違法ハーブについての問い合わせが多くなってきました。要点を以下にまとめましたので参考にして下さい。

スパイスとハーブの違いを正しく理解しましょう

スパイスとハーブの違いを正しく理解しませんと、スパイスを効果的に活用できません。スパイスは食品の用語ですので100%食べられますが、ハーブは「薬草」と訳され、伝承医療上の分類用語であるため、ほとんどは食品として不向きなのです。トリカブトやスイセン、そして危険ドラッグ、違法ハーブのアサ(麻)やケシなど、有毒な植物もハーブなのです。
「よい香りがする」のは一部のハーブのみで、ハーブの定義ではありません。ハーブの一部が、スパイスとして利用されているのに過ぎないのです。また、日本の法律では、ハーブは薬草だからといっても、諸外国の伝承医療で言われている薬理効果を訴求して販売することは、禁じられています。スパイスは、食品ですので、薬理効果は訴求できないのです。薬機法違反となりますので、注意してください。

危険ドラッグと違法ハーブを正しく理解しましょう

最近、危険ドラッグや違法ハーブなどが、社会問題となっています。これらの対象となっているのは、ケシやアサ(麻)などです。ケシやアサなどは、葉や種子などはよい香りがしませんが、ハーブとして利用されています。
アサ(麻)には、カンナビノイドという幻覚作用をもたらす成分を含んでいますので、大麻取締法で栽培や所持、譲渡などが禁じられています。(違法ハーブ)この陶酔成分を合成して、他の草などに混込んだものが、危険ドラッグなのです。(危険ドラッグ)
ケシも未熟な果実(ケシ坊主)から、麻酔成分であるアヘンが得られますので、栽培が禁じられているのです。(違法ハーブ)
(「危険ドラッグ」のトラブルが多くなっていますので、注意喚起を促す目的でまとめてみました。尚、「脱法ハーブ」の表現が「危険ドラッグ」に変わりました)

アサの実やケシの実などは、スパイスとして利用されています

完熟して得たアサの実やケシの実には、全く陶酔成分や麻酔成分がふくまれていませんので、スパイスとして利用しています。しかし、国内で許可なく栽培できないため、食用として用いるものは、発芽能力を無くしたものを輸入しています。ケシは園芸植物として楽しむ方がいますが、「ケシ」「アツミゲシ」「ハカマオニゲシ」などを植えないようにしてください。

■ NEWS!

     

  1. 協会下期コースのセミナーが7月度よりスタートします。

    今年度下期コースが、7月度よりスタートします。セミナーは途中からでも受講できます。
    9月末までにお申込みを頂いた方は、希望すれば12月に実施する資格認定試験を受けられます。
    自宅学習でセミナーに参加されなくても、試験を受けることができます。

  2. 協会の通信教育コースは、何時からでも受講できます

    協会では●スパイスクッキングアドバイザー(初級コース)と●スパイスコーディネーター(中級コース)を実施しています。何時からでも、自分のペースに合わせて受講できます。

  3. スパイスコーディネーターコースの受講者は、通信教育コースへの変更もできます。

    新型コロナウイルス感染予防のため、教室型セミナーは、受講者数を大幅に減らして実施しています。
    そのため通信教育コースへの受講希望者も出てまいりましたので、通信教育コースへの移行も認めています。
    また、通信教育コースの受講者は、希望すれば、臨時に教室型セミナーにも参加できます。
    (参加希望者は、必ず事前に協会にご連絡ください。会場の都合で、人数が多くなりますと参加できないこともあります)。

  4. 協会の以前の受講生は、希望すれば、12月度の試験を受けられます。

    以前に受講していたけれど、途中から出席できなくて、受験されなかった方も多くいますので、受講者の救済対策としまして、希望すれば資格認定試験を受けられることにしました。
    またスパイスコーディネーターマスターの方が、指導したスパイスクッキングアドバイザーコースの生徒で、まだ資格認定試験を受けていない方も、受験できます。
    関心のある方は、協会へご連絡ください。

    *お問い合わせはこちら e-mail:spice-studio@spa.nifty.com

  5. 資格認定試験は、論文審査による受験もできます。

    次回の「協会資格認定試験」は、12月6日(日曜日)に予定していますが、「スパイスコーディネーターコース」の方で、できるだけ早く受験を希望される方は、レポート提出による論文審査型試験もあります。
    これは、随時受けることができますので、希望者はご連絡ください。

  6. 会員の方は、協会主催のセミナーに参加できます。

    以前に協会の資格を取得したけれど、話題となっている新しいスパイスの活用法を聞きたいなどで、セミナーに参加できないだろうかなどとの要望が増えています。
    そこで、今年度からセミナー講義の内容を、幾分変えて実施しています。

    セミナーの講義時間は、2時から5時半まで予定していますが、スパイスコーディネーターの「テキストに沿った講義を2時間」、「最近のスパイス情報や新しいスパイスの活用法などの講義を1時間」として、スパイス活用法のアイデアなどの情報を増やしています。

    そのため、会員の方は無料で臨時に参加できるようにしました。
    各コースに、准教授コースの方や体験入学の方などが、随時参加されますので、会員の方が、セミナーに参加されるときは、あらかじめメールにて、ご連絡ください。定員に達した場合は、受講参加ができませんので、ご了承ください。

  7. 2021年度、上期コース、下期コースのスケジュールが決まりました。

    各コースの定員は、以下の通りです。

    スパイスクッキングアドバイザー(協会が実施するのは、通信教育コースのみです)
    何時からでも、自分のペースに合わせて受講できます。

    ※将来上級コースのマスター資格を取得をお考えの方は、中級コースから受けた方がお得です。何故なら初級の資格を取得しても、また中級コースを受けなければ、ならないからです。

    スパイスコーディネーター(中級コース)
    (中級コース:教室型セミナーコースと通信教育コースがあります)
    一般の方は、このコースから受講できます。また、通信教育コースの受講生は、教室のセミナーにも、参加することもできます。
    スパイスコーディネーターの受講生は、今まで資格認定試験を協会主催日に受けていましたが、通信教育コースを導入しましたので、論文審査で受けることもできるようになりました。
    どちらからでも受けられます。(受験料が論文審査の場合は、高くなります)

    教室型セミナー:募集定員 40名

    スパイスコーディネーター マスター(上級コース)
    スパイスコーディネーターの資格保有者です。

    教室型セミナー:募集定員 40名

    准教授コース(協会内部の資格です)
    何時からでも受講できますが、スパイスコーディネーター マスターの資格保有者です。
    協会のセミナーをフリーパスで何回でも受講できます。 協会の講師活動を臨床的に体験し、実践的に講師活動ができるように指導を受けられます。

    *受講申込書は、このホームページにPDFで掲載していますので、「受講申込書」の所をそのままクリックしますと、ダウンロードできます。
    また、郵送をご希望の方は、e-mailか電話03-5672-1180でご連絡ください。

    ※その他・資料請求・受講の問い合わせ・受講の申込みはこちら
    e-mail:spice-studio@spa.nifty.com

  8. 准教授コースの講師体験特別セミナーを、マスターコース(日曜日)のセミナー時に行います。

    現在、協会主催の各コースのセミナーは、東京地区のみで行われています。そのため地方の方が、東京まで出向くのに、大きな負担が生じています。
    地方での開催をとのご要望が多くなりましたので、協会としましても、早急に准教授を育成する必要がありますので、7月からスタートしますマスターコースのセミナー時に、准教授コースのセミナーも行い、育成化を計ることといたしました。
    準教授コースの受講者への具体的な指導、試験内容などのセミナーを行いますので、この機会に受講されることをお勧めいたします。

  9. スパイス学の知識やスパイスの活用法などについて、協会の講師陣が講習会、講演会などの講師活動をします。

    最近は、「新時代へのスパイスの活用法」に対する関心が高くなっています。スパイスについての勉強会や講演会など、あるいは「最近のスパイス活用学」などについての、取材が増えています。スパイス料理なども含めて、協会の講師陣がお手伝いをいたします。関心がある方は、協会へご連絡ください。

  10. 外部機関の企画で「新時代のスパイスの活用法について」の、セミナーを行います。

    食品業界分野を対象にセミナー活動を行っている株式会社テックデザインの要請で、9月10日に協会の武政が、講師となって一日集中セミナーを行います。
    詳しくは、イベント案内をご覧下さい。尚、テック社の好意で、武政の紹介扱いで申込みしますと、セミナー受講料が10,000円割引いてくれるそうです。
    申込みの時は、スパイスコーディネーター協会でなく、テック社に武政の紹介を得たとご連絡ください。テック社の連絡先はこちらです。

  11. スパイス文献情報

    <新聞:食品化学新聞連載、食品化学新聞社発行>

    ●スパイス サイエンス 談話室 No.270
    新時代のスパイス活用法を探る(28)
    スパイスの活用法が、5Gに変化

    詳しくは、会員専用ページ→スパイス文献情報をご覧ください。

  12. 協会事務局からのお知らせ

    ● スパイスカフェのスケジュールが決まりました。
    毎月、第一土曜日に「スパイスカフェ」を行っていますが、臨時にお休みの月もあります ◎ セミナーご参加のお申込みは、(窓口は協会本部ではなく、「スパイスサロン会カフエ」係となります)
    メール:salon.de.epices@gmail.comで行ってください

    ● 事務局からのお知らせ
    会員のページのパスワードが、変わりました。会員の方には、定期的に会員情報をE-メールにてお送りしていますが、届かない方やアドレスが変更された方は、事務局に空メールをお送りください。そのまま登録できますので、入力間違いがありません。

    <2020/7/21>

■ セミナー・イベントのご案内


  1. 「会員の為のスパイス情報サロン会」を実施します。
  2. 会員の為のスパイス情報サロン会を実施します。

    開催日時
    基本的に毎月第一土曜日
    午後1時30分~午後3時30分

    (変更もありますので、実施の有無を確認してください。お申込みは、専用E-メールで行ってください)

    令和2年上期のスケジュール
    (毎月第一土曜日に行います)


    開催場所 はちみつ亜希子お菓子教室
    東京都港区三田2-7-9
    (JR山手線:田町駅より徒歩9分
    参加費 2,000円(材料費込み)
    募集人数 10名。(参加者は協会の会員の方です)
    (1週間前からの取り消しはご負担をお願いいたします)

    →PDFはこちら

  3. テック主催一日集中セミナー」を実施します。
  4. スパイスの調理科学に詳しい講師が、スパイスの基本と調味特性に基づく実践的な活用方法を解説するとともに、
    新商品開発への応用が期待されるスパイスの新しい効果とそれらの活用ポイントを紹介します。

    テーマ:スパイスの調味特性と商品開発のための活用方法
    ~基礎知識・エンハンス効果・塩の代替効果・風味改善・新しい活用法~

    開催日時

    2020年9月10日(金曜日)

    開催場所

    未定(都内中心部で調整しております)

    講師

    ㈱スパイススタジオ 代表取締役社長
    スパイスコーディネーター協会理事長 武政 三男氏

    参加費

    31,000円(税込/テキスト付)

    講師紹介特別割引(10,000円割引)の申込書があります。
    講師紹介の希望は、協会へメールにてご連絡ください。
      e-mail:spice-studio@spa.nifty.com

    習得知識

    1.系統立ててスパイスを活用するための基礎知識
    2.スパイスの調味特性を活用した商品開発への応用技術
    3.スパイスで「おいしさ感を高める考え方」と実践的テクニック
    4.商品開発への応用が期待されている「新時代のスパイス活用のポイント」

    講義概要

    日本人がイメージするスパイス感とその活用法は、非常に限定的なものです。
    世界では多種多様な活用法を工夫し、調味技術を豊かにしています。これからは「日本型のスパイス活用法」だけでなく、 「欧米型のスパイス活用法」を理解して、料理、食品の商品開発を行う必要があります。

    スパイスの新しい活用法として、「おいしさを高めるスパイスのエンハンス効果」や、減塩のみならず塩分を全く使用しない「スパイスの塩オルターナティブ効果」、 そして外国人が日本酒を好み、飲み易いように演出する「日本酒の雑味感除去効果」などが、注目されています。 

     食糧問題への対策、生活習慣病予防への活用化、高齢者層の食生活改善、食育の推進などに対して、スパイスを活用した商品開発が期待されています。

    本講義では、従来の日本型のスパイス感にとらわれることなく、新しい視点でスパイスの活用法を提案し、実践的で商品開発に役立つ情報を、わかりやすく系統立てて説明します。

    主な内容

    Ⅰ. スパイスを活用するための知識について

    1. 日本におけるスパイスの知識は世界と異なる
    2. スパイスの活用手法を狭めている日本型活用法

    Ⅱ. スパイスの調味特性と効果的な活用法

    1. スパイスの調味特性とミラクルな活用法
    2. スパイスの複合効果とミラクルな活用法

    Ⅲ. スパイス活用の拡大化が期待できるポイントとは

    1. オーバースパイス現象を克服する活用法
    2. スパイス活用の創生ポイントは「おいしさの演出」を活用

    Ⅳ. スパイスを用いた実践的な商品開発テクニック

    1. 学術的評価と官能的評価とのコラボで商品開発
    2. 今後伸びると期待されているスパイス活用の分野
    3. 期待されている新時代のスパイス活用ポイント

    ①おいしさを高めるスパイスのエンハンス効果
    ②スパイスの塩オルターナティブ効果
    ③スパイスの脂っこさ感除去効果
    ④スパイスの甘味感増強効果
    ⑤スパイスの日本酒雑味除去効果
    (エレガンス感の演出効果)
    ⑥スパイスの高齢者層へのセラピー効果